画像
イソフラボンって何?

イソフラボンは、ここ最近身近に感じられる言葉になりました。
それは、化粧品や食べ物などの商品名の一部として使われるようになったからではないでしょうか?
イソフラボンとは色々なものにとりいれたいと思うほど、魅力のある成分であるといえます。
しかし、そもそも名前は聞いたことがあるけれど、はっきりと説明できる人は少ないかと思います。
日常生活でとりいれるのであれば、イソフラボンの効果や特徴を知っておくといいでしょう。
知識として持っておくことで、より効果的に取り入れることができます。

イソフラボンと聞いて、誰もが思い浮かぶのは大豆です。
大豆のえぐみの一つで、天然成分です。
赤ワインの成分で有名なポリフェノールの仲間で、フラボノイド類に含まれます。

大豆は昔から「畑のお肉」といわれるほど、良質なたんぱく質できています。
栄養価はそれだけでなく、たくさんの栄養素がバランスよく含んでいます。
なので昔から、重宝された食物でした。
なので、季節の節目や大事な行事の時には、大豆を食べる習慣が今でも大切にされています。

そんな大豆の栄養素の中でも、一番注目を浴びているのがイソフラボンです。
イソフラボンは、大豆全体の0.2パーセント~0.4パーセントしか含まれていません。
なのでとても貴重な栄養素になります。
特に大豆の麦芽といわれる部分に、集中しています。

今食事が欧米化してきていて、大豆が日常生活で食べる機会が減ってきています。
おそらく、大豆を水に戻したりしなくてはいけない手間があるのも一つの理由でしょう。
また大豆といったら、和食というイメージもあります。
洋食や中華など他の料理に取り入れにくいイメージもあるので、食べる機会が減ってきています。

しかし、大豆によって作られる加工品の種類がたくさんあります。
例えば、豆腐・油揚げ・納豆・豆乳・味噌・きな粉などがあげられます。
これらにも、それぞれ配分量は違いますが、イソフラボンを取り入れることができます。
イソフラボンをとろうと大豆ばかり食べなくても、様々な食品からイソフラボンがとれます。
なので日常生活でも、無理なく摂取できる栄養素です。

またイソフラボンは大豆だけでなく、赤クローバーや葛の根にも含まれています。
しかし日常生活の食事に取り入れにくいものです。
なので、大豆でイソフラボンを取り入れるのが一番良い方法です。

Category

For Bast up|バストアップ

  • ハイスピードプエラリア100
  • レディーズプエラリア99%
  • ピュアプエラリア

For Health|健康

  • キッコーマン「基本のサプリ」
  • イソラコン
  • サントリーウエルネスオンライン
    「大豆イソフラボン+亜麻リグナン」

For Slim|ダイエット

  • ダイエットシェイク
  • イソラコン
  • サントリーウエルネスオンライン
    「大豆イソフラボン+亜麻リグナン」
画像
画像
画像