画像
イソフラボンがもたらす効果

イソフラボンとは、ここ最近いろんなところで目にしたり、耳にしたりするようになりました。
イソフラボンという栄養素が注目されると同時に、大豆の栄養価の高さがまた改めて見直されるようになりました。
イソフラボンは、大豆の麦芽に含まれるポリフェノールの一つです。
大豆全体の0.2パーセント~0.4パーセントしか含まれていません。
とても貴重な栄養素として注目されています。

イソフラボンには、どのような栄養素があり、私たちの体にどのような影響があるのでしょうか?
イソフラボンの一番の特徴は、体内にあるエストロゲンという女性ホルモンと似た性質をもっていることです。
このことから植物系エストロゲンとも言われています。

女性ホルモンが不足して起こる、更年期障害には特に効果的と認められています。
更年期障害によって起こる、めまい・嫌悪感・のぼせ・ほてり・耳鳴り・冷え性など様々な症状の緩和に役立ちます。
また更年期障害の場合閉経などによって、女性ホルモンが減少していきます。

そのことにより、骨粗鬆症になりやすくなってしまいます。
骨粗鬆症とは、骨の中にあるカルシウムがどんどん溶けてしまい、骨の密度が減少してしまいます。
そのため骨が空洞化して、すかすかになってしまいます。
骨粗鬆症になると、少しの衝撃で骨折など起こしやすく、要介護の生活になる人もいます。
イソフラボンが体内の女性ホルモンを増やすことで、骨からカルシウムが溶けて出てしまうのを防いでくれます。

またイソフラボンは女性ホルモンを増やすだけではありません。
過剰に出過ぎてしまっている女性ホルモンを抑える役割もあります。
女性ホルモンが増えすぎてしまうと、女性の場合は乳がんになりやすく、男性は前立腺がんになりやすいとされています。
なので、女性ホルモン抑制することで、ガンの予防へとつながっていきます。
イソフラボンは大豆以外にも、様々な加工品から摂取することができます。
なので無理なく、毎日取り入れていきたい食品の一つです。

こちらに健康に良いイソフラボンの人気ランキングがありますので、気になる方はご覧になってみてください。

美容に良いとして有名なローヤルゼリーについてはこちら

Category

For Bast up|バストアップ

  • ハイスピードプエラリア100
  • レディーズプエラリア99%
  • ピュアプエラリア

For Health|健康

  • キッコーマン「基本のサプリ」
  • イソラコン
  • サントリーウエルネスオンライン
    「大豆イソフラボン+亜麻リグナン」

For Slim|ダイエット

  • ダイエットシェイク
  • イソラコン
  • サントリーウエルネスオンライン
    「大豆イソフラボン+亜麻リグナン」
画像
画像
画像