画像
更年期障害にイソフラボン

イソフラボンと聞いて思い浮かぶのは、やはり大豆です。
大豆には昔から「畑のお肉」といわれるほど、豊富な栄養素がありました。
食事が欧米化になる以前の和食中心の食事では、よくつかわれる食品でした。
特に乾燥した大豆を戻したりしなくてはいけない手間もあり、今家庭の食事でとりいれられることが少なくなりました。

しかし、ありがたいことに大豆を加工してできた商品が数多くあります。
豆腐や油揚げ・納豆など様々で、日常生活でとりいれやすいものばかりです。
例えば豆腐でいえば、半丁ぐらい一日食べることを目安にしましょう。
量も多くないので、無理なく続けられる量になります。

昔から栄養素が高いとされていながら、ここ近年注目されてきたのには大きな理由があります・
それはイソフラボンが体内に入ると女性ホルモンに似た、エストロゲンが含まれているからです。

このエストロゲンの働きにより、更年期障害の症状が緩和されるということです。
更年期障害は、年配の女性にとってかなり深刻な悩みです。
またここ最近では、若年層の女性にも症状が出やすくなっています。
特に閉経すると女性ホルモンの分泌が少なくなります。
これによってホルモンバランスが、大きく崩れてしまいます。

今まで女性ホルモンのバランスが保たれていたものが、バランスが崩れることで様々な症状が生まれます。
その減少してしまった女性ホルモンの代わりになるのが、イソフラボンです。
イソフラボンは、体内に入ると女性ホルモンのエストロゲンに似た働きをします。
このことによって、ホルモンバランスが保たれ、更年期障害の症状を抑えることができます。

例えば、めまいやイライラや頭痛などの症状も解消されます。
中でも深刻なのは、骨粗鬆症です。
骨粗鬆症は骨の中にあるカルシウムが溶け込み、骨の内部が空洞化してしまう病気です。
骨の密度が少なくなると、ちょっとした転倒などで骨折してしまいます。
さらに回復も遅いので、急に介護がいる生活になってしまう人が多いのです。

女性ホルモンには、骨粗鬆症の原因となる骨の中のカルシウムが溶け出すのを防ぐ役割があります。
イソフラボンも女性ホルモンの働きと同様の働きがあるので、骨粗鬆症を発症させるリスクを減らすことができます。

Category

For Bast up|バストアップ

  • ハイスピードプエラリア100
  • レディーズプエラリア99%
  • ピュアプエラリア

For Health|健康

  • キッコーマン「基本のサプリ」
  • イソラコン
  • サントリーウエルネスオンライン
    「大豆イソフラボン+亜麻リグナン」

For Slim|ダイエット

  • ダイエットシェイク
  • イソラコン
  • サントリーウエルネスオンライン
    「大豆イソフラボン+亜麻リグナン」
画像
画像
画像