画像
骨粗しょう症に困ったらイソフラボン

骨粗鬆症は、高齢化が進む中でよく耳にする深刻な病気の一つです。
脳梗塞やガンなど、命にかかわるまでの病気ではありません。
しかし体を支える骨に関わるものなので、日常生活が不便に感じたり、介護が必要な生活になるかもしれません。
そうならないためにも、骨粗鬆症の予防をしていきましょう。

まずなぜ骨粗鬆症になってしまうのでしょうか?
原因を知ることで、予防に必要なものが自然とわかってくるでしょう。
まず骨はのピークは20代といわれています。
骨密度や骨の形成がしっかりしている時期です。
そして50代になると、だんだんと骨の密度が下がっていきます。
年齢とともに骨に必要なカルシウムを吸収する腸の動きが衰えてしまうのが原因です。

また他にも、カルシウムの不足も原因の一つです。
食生活の欧米化に伴い、カルシウムが少ない食事になってしまいました。
骨の99パーセントはカルシウムです。
残りの1パーセントは体内にあります。
しかしその体内のカルシウムが足りなくなった場合、骨からカルシウムが排出されます。
これによって骨の密度がどんどん少なくなり、骨粗鬆症になってしまいます。

また女性の場合には、閉経によって急激に骨密度が減ってしまいます。
他にも運動不足や他の病気との合併症等が原因としてあげられます。

骨粗鬆症において一番大事なのは、カルシウムです。
そこで日常の生活に取り入れて欲しいのが、イソフラボンです。
イソフラボンは体内に入ると女性ホルモンと同じ働きをします。
女性ホルモンは、骨から溶けて出てしまうカルシウムを抑える働きがあります。
なので骨粗鬆症には、大事な成分です。
イソフラボンは、主に大豆に一番多く含まれています。
また大豆によって作られた、豆腐・油揚げ・味噌などの加工品からもイソフラボンはとることができます。

日常の生活では難しい方には、イソフラボンとカルシウムが一緒になっているサプリメントがあります。
同時に摂取することで、より骨粗鬆症の予防へとつながります。

いつまでも健康でいたい方にはプロポリスもおすすめです。
プロポリスの健康面への効果はこちらに載っていますのでご覧ください。

Category

For Bast up|バストアップ

  • ハイスピードプエラリア100
  • レディーズプエラリア99%
  • ピュアプエラリア

For Health|健康

  • キッコーマン「基本のサプリ」
  • イソラコン
  • サントリーウエルネスオンライン
    「大豆イソフラボン+亜麻リグナン」

For Slim|ダイエット

  • ダイエットシェイク
  • イソラコン
  • サントリーウエルネスオンライン
    「大豆イソフラボン+亜麻リグナン」
画像
画像
画像