画像
がん予防にイソフラボン

ガンという病気は、今では4人に1人はかかるといわれている怖い病気です。
早期発見が一番大事とされ、それでも術後5年以上の生存率は、およそ50パーセントぐらいといわれています。
もちろんガンの種類によって生存率など、かなりの違いがあります。
中には、早期発見できるガンもあります。
しかし、症状として出たときには手遅れになってしまうガンもあります。
ガンになる確率が高い時代だからこそ、日常の生活で予防していくことが必要になります。

ガンの多くは、日常生活習慣の変化が大きな原因です。
食生活の欧米化・不規則な生活・たばこなど様々です。
中でも食生活は、特に大きな影響を与えています。
和食中心だった日本人の食生活が、肉や小麦などの欧米化への食事へと変化していきました。
それに加え日本人の腸は、欧米の人に比べて1メートルほど長いといわれています。
それは、和食に多い消化が悪い食物繊維が多いため、長い時間消化が必要になり腸が長くなったといわれています。
なので、食生活が欧米化になると、腸の中に脂肪がたまりやすくなります。
それが酸化脂肪へと変わり、大腸がんになりやすくしてしまいます。
他にも高カロリーな食事がつづくと、血中のコレステロールが増え様々ながんを引き起こしてしまいます。

このような食生活を改善するのに大切なのが、イソフラボンを取り入れることです。
イソフラボンには、がんが作りだすといわれる新生血管を作るのを防ぐ力があります。
よって、ガン細胞の増殖を防ぐ効果があります。
またイソフラボンには、ガンの予防につながる抗酸化作用が含まれています。

ガンの中でも特に乳がんに対して、イソフラボンは一番効果があるといわれています。
乳がんは、女性ホルモンの増加によって起きやすい病気です。
イソフラボンには、女性ホルモンと同じ働きがあるので、より乳がんを促進させてしまうと思われがちです。
しかしイソフラボンには、女性ホルモンを過剰に分泌した場合、その女性ホルモンを抑制する働きがあります。
なので、女性ホルモンのバランスをとってくれるのです。
だから乳がんになりにくいのです。
他にもホルモンバランスによっておこりやすい、子宮がんや前立腺がんにも予防効果があるといわれています。

↓乳がんや子宮がんを患った人が摂取する場合の注意点
    

Category

For Bast up|バストアップ

  • ハイスピードプエラリア100
  • レディーズプエラリア99%
  • ピュアプエラリア

For Health|健康

  • キッコーマン「基本のサプリ」
  • イソラコン
  • サントリーウエルネスオンライン
    「大豆イソフラボン+亜麻リグナン」

For Slim|ダイエット

  • ダイエットシェイク
  • イソラコン
  • サントリーウエルネスオンライン
    「大豆イソフラボン+亜麻リグナン」
画像
画像
画像