画像
イソフラボンで動脈硬化とおさらば!

イソフラボンという成分の商品が、色んな形で販売されるようになりました。
なので、イソフラボンは私たちの生活に身近に感じられるようになりました。
イソフラボンとは、ポリフェノールの一つでフラボノイド類にはいります。

イソフラボンといえば、大豆を思い浮かべます。
イソフラボンの栄養素はとても高いのです。
しかし大豆の0.2~0.4パーセントしかイソフラボンは含まれていません。
なのでとても貴重な栄養素だといえます。

イソフラボンの一番の特徴は、体内に入ると女性ホルモンのエストロゲンに似た性質を持っていることです。
この女性ホルモンは、骨の形成やコレステロール値に大きく影響を及ぼします。
例えば女性ホルモンが減少すると、骨からカルシウムが溶け出して骨密度が低くなり骨粗鬆症になります。
その反対に女性ホルモンが増加すると、コレステロール値が上昇し、動脈硬化を起こします。

特に現代の食生活の欧米化によって、高カロリー、高タンパク質、脂肪分の多い食事へと変わってきました。
これにより体内で消化しきれないコレステロールや脂肪分が、血中に流れ出てしまいます。
すると動脈が詰まったり硬くなったりします。
これにより血流が悪くなり、心臓や脳などに必要な酸素や栄養分が送りにくくなります。
この状態が動脈硬化です。

動脈硬化はほうっておくと、心筋梗塞・脳梗塞・脳出血など直接死亡につながる重病を引き起こします。
このような状態にならないようにするためにも、普段の生活の改善をしていかなければいけません。
しかし慣れてしまった生活を変えるのは大変難しいものです。
なので、動脈硬化に効果的な物を摂取することが大事です。

その一つがイソフラボンです。
イソフラボンには、女性ホルモンと同じ効果があります。
一見女性ホルモンが増えてしまっては、より動脈硬化が進んでしまうのではないかと思われがちです。
しかしイソフラボンには、女性ホルモンが上昇するのを抑制する役割もあります。
そして、血中の悪玉コレステロールを取り除き、善玉を増やします。
また高血圧を下げる役割もあるので、動脈硬化を改善しつつ、脳梗塞など重症化しない要素が含まれています。

Category

For Bast up|バストアップ

  • ハイスピードプエラリア100
  • レディーズプエラリア99%
  • ピュアプエラリア

For Health|健康

  • キッコーマン「基本のサプリ」
  • イソラコン
  • サントリーウエルネスオンライン
    「大豆イソフラボン+亜麻リグナン」

For Slim|ダイエット

  • ダイエットシェイク
  • イソラコン
  • サントリーウエルネスオンライン
    「大豆イソフラボン+亜麻リグナン」
画像
画像
画像