画像
効果的なイソフラボンの摂取量

イソフラボンは、今様々な面において注目されている栄養素です。
食品や化粧品などの商品名の一部に使われるほど、イソフラボンは認知度が高い栄養素です。
イソフラボンには、体内に入ると女性ホルモンのエストロゲンと似た性質をもつ成分です。
なので植物性エストロゲンとまで呼ばれています。

体に良いとされている物は、誰もが多く取り入れようとしますよね。
しかし、どんなものにも効果が出やすい量というものが決まっています。
中には、過剰に摂取しすぎると思わぬ悪い方向に進んでしまうことがあります。
なので、せっかく体にとっていいものだと思っていても、逆効果になってしまっていては意味がありません。

イソフラボンはどれだけの量を一日とれば一番いいのか、知っておくと安心して摂取できます。
イソフラボンの一日の摂取する目安は、40mg~70mgがいいとされています。
これをイソフラボンをとりやすい食べ物で例えると、豆腐で半丁分、納豆1パック分、きな粉20gぐらいになります。
思ったよりもたくさんとらなくても、必要摂取量が簡単にクリアしやすいと思います。
また一日の食事にも、とりいれやすいものばかりです。
大豆の加工品は他にも、豆乳や油揚げや味噌などもあります。
意識してとることも大事ですし、意外にも知らないうちにイソフラボンをとっていたということもあり得ます。

何十倍というほど過剰に摂取していなければ、一日必要な摂取数を気にして食事に取り入れればよいと思います。
もし多めにとったとしても、ただ体の外に排出されるだけです。
イソフラボンは、大豆という天然の自然食品から作られているので安心してとりいれられます。

一つだけ注意点があると言えば、毎日の食事で考えながらとるのが大変な人もいるかと思います。
そんな方は、効率よくサプリメントで補うことができます。
しかし、サプリメントで一日の摂取量すべてをとろうとしないことです。
サプリメントでとる量は、一日30mgにとどめておきましょう。
なぜならイソフラボンは、日常の食事の中でとりやすいものだからです。
なので残り40mgぐらいは、食事の中で自然ととれてくると思います。

↓イソフラボン過剰摂取の注意点

Category

For Bast up|バストアップ

  • ハイスピードプエラリア100
  • レディーズプエラリア99%
  • ピュアプエラリア

For Health|健康

  • キッコーマン「基本のサプリ」
  • イソラコン
  • サントリーウエルネスオンライン
    「大豆イソフラボン+亜麻リグナン」

For Slim|ダイエット

  • ダイエットシェイク
  • イソラコン
  • サントリーウエルネスオンライン
    「大豆イソフラボン+亜麻リグナン」
画像
画像
画像