画像
知っておきたいイソフラボンの副作用

イソフラボンは、ここ数年注目されている栄養素の一つです。
イソフラボンの認知度は年々増加し、食品などでは商品名になったり、パッケージにも大きくかかれています。
またイソフラボンといったら大豆から摂取できるということを、多くの人が知っています。
また大豆の加工食品からもとれるので、日常生活の食事にとりいれやすいというメリットがあります。
だからこそ、認知度も高く注目されているのではないでしょうか。

よくテレビなどで、体に良いものを取り入れられると、スーパーなどで商品が無くなったりすることもあります。
いいものを取り入れることは、とても大事なことです。
しかし、すぐに効果が欲しいからと過剰に摂取しすぎる人もいます。
特にイソフラボンの場合、副作用というものはほとんどありません。
過剰な量をとっても必要以上な量は、体外に排出されるだけです。
特にイソフラボンの場合は、大豆の加工品でもとることができます。
なので知らないうちに、イソフラボンをとっていたということもあります。
なので一日の適量を把握しておくことが大事です。

イソフラボンの副作用というのはありませんが、摂取しすぎないように気をつけなければいけない人もいます。
まずは、大豆アレルギーの方です。
食事のアレルギーの5~6パーセントぐらいの人が、大豆アレルギーを持っているといわれています。
アレルギーのひとの率は少ないですが、アレルギー反応を起こしてはいいことはありません。
大豆アレルギーは、アナフィラキシーショックやぜんそくを起こすなど、重症化しにくいといわれています。
だからと言って無理に摂取することなく、代わりの食品で栄養を補って行きましょう。
比較的に、調味料や納豆などは早い段階で摂取可能になりやすいようです。
人によって違いはあるので、専門医師の相談が大事です。

他には、妊娠中や授乳期の人が過剰にとり過ぎると、女性ホルモンのバランスが崩れやすくなるので気をつけましょう。
日常の食生活で必要以上に、とりすぎなければ大丈夫です。
また乳幼児や15歳未満の子供に対しても、同じ事が言えます。

Category

For Bast up|バストアップ

  • ハイスピードプエラリア100
  • レディーズプエラリア99%
  • ピュアプエラリア

For Health|健康

  • キッコーマン「基本のサプリ」
  • イソラコン
  • サントリーウエルネスオンライン
    「大豆イソフラボン+亜麻リグナン」

For Slim|ダイエット

  • ダイエットシェイク
  • イソラコン
  • サントリーウエルネスオンライン
    「大豆イソフラボン+亜麻リグナン」
画像
画像
画像