画像
大豆イソフラボンとは

イソフラボンという言葉を耳にすることが多いのではないでしょうか?
イソフラボンは、女性ホルモンと似た働きをすることがわかり注目されています。
イソフラボンが摂取できる食品で代表的なものが、大豆です。
他にも葛の根やクローバーなどからもイソフラボンがとることができます。
しかしそれらは、日常生活の中でとりいれることが難しいです。
なので今では、イソフラボンといったら、大豆と認識されていることが多いといえます。
なのでイソフラボン=大豆イソフラボンであるといえます。

大豆イソフラボンは、イソフラボンと同じ効果があります。
特に大豆は、畑の肉といわれるほと栄養素が高い食品です。
様々な栄養素がある中で、大豆イソフラボンは大豆の0.2~0.4パーセントしかありません。
なのでとても貴重な栄養素だといえます。
大豆の胚芽の部分に集中して含まれていて、大豆のえぐみ成分の一つでもあります。

一番の特徴は、大豆イソフラボンが体内に入ると女性ホルモンのエストロゲンと同じような役割を持つことです。
このエストロゲンは、女性らしいふっくらとした体型作りをし、美しい肌を作りだしてくれます。
また骨から溶け出してしまうカルシウムを抑える働きがあります。
これによって、骨粗鬆症の予防へになります。

また女性は年齢を重ねることに女性ホルモンが減っていき、閉経すると一気に女性ホルモンが減ってしまいます。
それによって起こるのが、更年期障害です。
更年期障害の症状で、めまいや動悸・頭痛やイライラ・倦怠感などの症状を和らげてくれます。
また大豆イソフラボンは、女性ホルモンを増やすだけでなく、過剰な場合は抑える働きもあります。
なのでホルモンによって起こりやすい、乳がん・子宮がん・前立腺がん等の予防に適しています。

他には、イソフラボンには抗酸化作用をうみだし、活性酸素を排除する働きがあります。
活性酸素は体の老化を進める要素で、体内にたまると様々な生活習慣病を発症させます。
イソフラボンを摂取することで、生活習慣病の改善や、アンチエイジングの効果が期待できます。

↓イソフラボンと併用するのにおすすめの成分はこちら
   

Category

For Bast up|バストアップ

  • ハイスピードプエラリア100
  • レディーズプエラリア99%
  • ピュアプエラリア

For Health|健康

  • キッコーマン「基本のサプリ」
  • イソラコン
  • サントリーウエルネスオンライン
    「大豆イソフラボン+亜麻リグナン」

For Slim|ダイエット

  • ダイエットシェイク
  • イソラコン
  • サントリーウエルネスオンライン
    「大豆イソフラボン+亜麻リグナン」
画像
画像
画像