画像
大豆イソフラボンを効率よく摂取する方法

大豆イソフラボンと言って一番に思い浮かぶのが、大豆です。
大豆は、畑の肉といわれているのでイソフラボンだけではなく、良質なたんぱく質など様々な栄養素があります。
なので昔から栄養価が高いものとして、重宝されてきました。
特に季節の変わり目や行事の時などに、大豆を食べる風習も栄養素の高さからではないでしょうか。

しかし乾燥大豆は、調理するまでの下処理に時間がかかってしまい、料理にパッと取り入れるというわけにはいきません。
最近では大豆の水煮された物が販売されているので、そういったものを常にストックしておけば料理にも使いやすいです。
ですが、最近の食生活が欧米化していき、和食に使われやすい大豆はあまり料理に使用されることが少なくなりました。
なので大豆から大豆イソフラボンを取り入れにくくなっています。

効率よく摂取するには、大豆の加工品を使うことです。
大豆の加工品にも、大豆イソフラボンが含まれています。
例えば、豆腐・油揚げ・納豆・きな粉・豆乳などがあげられます。
これらは日常の食生活に、とても使いやすいものばかりです。
デザートや飲み物でもとりいれられ、種類も豊富なので飽きることなく摂取することができます。

大豆イソフラボンの一日の摂取量は50mg~70mgが理想といわれています。
これは、豆腐半丁、納豆1パック、豆乳1カップぐらいで摂取することができます。
様々な食品を組み合わせながら摂取していくと、色んな栄養素が同時にとれるのでいい効果が期待できます。
中でも納豆は発酵食品なので、腸での吸収がとてもいい食品なので、効率よく大豆イソフラボンを吸収できるでしょう。

また外食などが多い人などは、サプリメントでとるのも一つです。
ただし日常食事でも大豆イソフラボンは摂取しやすいので、サプリメントで一日の摂取量をとるのはやめましょう。
サプリメントの摂取量も、イソフラボンの場合30mgと決められています。
これを目安に毎日の食事でとれていないなと感じたときに飲むなど、上手に活用していきましょう。
↓イソフラボンの吸収に役立つ食材

Category

For Bast up|バストアップ

  • ハイスピードプエラリア100
  • レディーズプエラリア99%
  • ピュアプエラリア

For Health|健康

  • キッコーマン「基本のサプリ」
  • イソラコン
  • サントリーウエルネスオンライン
    「大豆イソフラボン+亜麻リグナン」

For Slim|ダイエット

  • ダイエットシェイク
  • イソラコン
  • サントリーウエルネスオンライン
    「大豆イソフラボン+亜麻リグナン」
画像
画像
画像