画像
コレステロールが気になったらイソフラボン

イソフラボンは、今さまざまな効果があり注目を浴びています。
イソフラボンの効果の一つとして、コレステロールを抑える働きがあります。

コレステロールはよく耳にしますが、ほとんどの方が悪い印象だと思います。
しかし本来コレステロールの働きは、私たちの体に必要なものです。
たとえば、細胞を守る細胞膜やホルモン・腸が脂肪の吸収するために必要な胆汁酸を作っているのがコレステロールです。
また運動などで筋肉を強化するためにも、コレステロールは必要とされています。

しかし現在の食生活の欧米化により、高カロリー高たんぱくな食生活へと変わりつつあります。
そうなると過剰にコレステロールを摂取することになります。
コレステロールが体内にたまると、動脈硬化になりやすく、同時に脳卒中、心臓病のリスクが上がります。
そのコレステロールを抑える働きがあるのが、イソフラボンです。

イソフラボンは主に大豆に含まれています。
他にも大豆の加工品でも、同じような効果は見られます。
中でも大豆は、大豆イソフラボンと大豆たんぱく質も含まれています。
コレステロールには、この二つの要素の相乗効果により効果があるとされています。
コレステロールには、悪玉と善玉の二種類のコレステロールがあります。
悪玉コレステロールが血中に溜まると、ドロドロした血になり血管を詰まらせる恐れがあります。
また悪玉コレステロールが酸化すると、動脈硬化を引き起こします。

これらを防ぐのが、大豆イソフラボンです。
大豆イソフラボンは、悪玉コレステロールを取り除く成分があります。
さらに善玉コレステロールを増やす成分までもあります。

健康診断などで、コレステロール値が必ず調べられるので、気にしている方は増えてきています。
コレステロールは、とり過ぎるとお腹が出てくるなど体型にも大きくかかわってきます。
さらにコレステロール値が上がると、それに伴い重症化しやすい病気や直接死につながる病気を引き起こしてしまいます。
なので大豆イソフラボンを積極的にとり、様々な病気の予防をしていきましょう。

Category

For Bast up|バストアップ

  • ハイスピードプエラリア100
  • レディーズプエラリア99%
  • ピュアプエラリア

For Health|健康

  • キッコーマン「基本のサプリ」
  • イソラコン
  • サントリーウエルネスオンライン
    「大豆イソフラボン+亜麻リグナン」

For Slim|ダイエット

  • ダイエットシェイク
  • イソラコン
  • サントリーウエルネスオンライン
    「大豆イソフラボン+亜麻リグナン」
画像
画像
画像