画像
豆乳でイソフラボンを摂取しましょう

イソフラボンは様々な栄養素があり、私たちの体によい成分の一つとしてあげられています。
イソフラボンの成分は、女性ホルモンに似た性質があります。
女性ホルモンは、年齢とともに減少してしまいます。
特に女性の場合は、閉経とともに女性ホルモンが急激に減少します。

これによって起きるのが、更年期障害です。
更年期障害は、めまい・動機・倦怠感・頭痛・不眠など様々な症状を起こします。
これらの症状を抑えるには、女性ホルモンのバランスが重要です。
イソフラボンには女性ホルモンを増やす働きだけでなく、過剰に増えすぎた場合は抑制する働きがあります。
なので女性ホルモンのバランスが保たれ、更年期障害の症状への緩和につながります。
それと同時に、美肌や美白効果もあるので女性にとってはぜひ取り入れたい栄養素になります。

イソフラボンと言って思い浮かぶのは、大豆ではないでしょうか。
もちろん大豆でイソフラボンはとることができます。
しかし、下処理に時間がかかり、料理のレパートリーもあまり多くありません。
いいものとはわかっていても、毎日の食事に出し続けるのは大変です。
それであれば、大豆の加工食品でイソフラボンを摂取するのがお勧めです。
例えば、豆腐・油揚げ・納豆・きな粉・豆乳などがあげられます。
これらの中でも、低カロリーで簡単にとりやすいのが、豆乳です。

豆乳には、三種類あります。
一つは、成分無調整豆乳です。
これは大豆の成分をそのまま絞ったものなので、一番豆乳の中でも栄養価が高いです。
ただし全く甘さなどがなく、苦みを感じる人が多いので飲みにくいと感じます。
飲みやすく感じるまでに時間がかかる人が多いです。
なので、料理の調味料として使ったり、今はやりの豆乳鍋など簡単でおいしく使うといいでしょう。

他には、調整豆乳・豆乳飲料があります。
調整豆乳は、成分無調整豆乳にカルシウムや砂糖が加わり、飲みやすく作られています。
栄養素は無調整に比べて少なくなりますが、必要な栄養素は十分含まれています。
何より飲みやすくできているので、毎日の生活に取り入れやすくなります。
豆乳飲料は、調整豆乳にコーヒーやいちごミルクや抹茶などを加えジュース感覚で飲めるようにされている物です。
三つの中では一番のみやすくできていて、コンビニなどでも簡単に買うことができます。
ただしその分カロリーも高くなっていますので、ダイエット目的の場合は避けた方がいいかもしれません。

豆乳の場合は、とにかく飲みやすいものをまずは選ぶことが大事です。
毎日豆乳を飲み、イソフラボンを摂取していきましょう。

Category

For Bast up|バストアップ

  • ハイスピードプエラリア100
  • レディーズプエラリア99%
  • ピュアプエラリア

For Health|健康

  • キッコーマン「基本のサプリ」
  • イソラコン
  • サントリーウエルネスオンライン
    「大豆イソフラボン+亜麻リグナン」

For Slim|ダイエット

  • ダイエットシェイク
  • イソラコン
  • サントリーウエルネスオンライン
    「大豆イソフラボン+亜麻リグナン」
画像
画像
画像