画像
美味しい豆乳の飲み方

豆乳は、とても栄養価が高くなおかつ低カロリーなので、とくに女性には人気があります。
豆乳の成分のイソフラボンは、女性ホルモンに似た働きがあります。
なので年齢とともに減少してしまう女性ホルモンを補うことができます。

また、成長期には女性ホルモンが過剰に分泌されやすくなります。
そんな時にはイソフラボンが、女性ホルモンを抑制する働きへと変わります。
なので、イソフラボンをとると女性ホルモンのバランスが常に保たれた状態になります。

特に高齢になって閉経すると女性ホルモンが極端に減り、更年期障害をおこし日常生活に様々な障害がでます。
そんな時にも豆乳に含まれるイソフラボンが、女性ホルモンを増やしてくれ症状を抑えることができます。
さらに美白効果や、肌質の改善にも効果があるので女性なら、ぜひとも取り入れたい栄養素です。

そんな豆乳には3種類の豆乳があります。
まず一つは、成分無調整の豆乳です。
一番栄養価も高く、低カロリーです。
大豆の成分は、8パーセント以上含んでいます。
しかし、糖分も何も入っていないので、大豆の苦みを感じるので苦手とする人が多いです。

二つ目は、調整豆乳です。
成分無調整の豆乳の飲みやすく作られていて、カルシウムや糖分が加えられています。
大豆の成分は、6パーセント以上含まれています。
成分は無調整の豆乳に近い栄養素が、十分あります。
初めて飲む人でも飲みやすく、好評です。

三つ目は豆乳飲料です。
三つの中では一番のみやすくジュース感覚の飲み物です。
コーヒー味やいちごミルク味や抹茶味などがあり、飲みやすくできています。
豆乳の成分は2パーセントぐらいで、無調整豆乳に比べて半分の栄養素になります。
飲みやすい反面、カロリーが高くなっています。

一番のお勧めは、調整豆乳に少しアレンジして飲みやすくするのがいいでしょう。
例えば、バナナと調整豆乳をミキサーにかけてのむとバナナの甘みも加わり飲みやすくなります。
またコーヒーにミルクを入れて飲む人は、ミルクの代わりに豆乳を入れるのもお勧めです。
ミルクよりも豆乳は栄養価が高く、手間がかかりません。
普段砂糖も入れる人は、調整豆乳の糖分があるので、ほんのり甘くなり砂糖がなくても飲めます。
またココアにいれるのも同じく、おいしく豆乳が飲めます。
少し砂糖を加えたきな粉を混ぜて飲むのもおすすめです。
調整豆乳に慣れてきたら、無調整の豆乳に切り替えるとより栄養価が高くイソフラボンをとることができます。

▼女性に嬉しい効果があるマカについてはこちら

Category

For Bast up|バストアップ

  • ハイスピードプエラリア100
  • レディーズプエラリア99%
  • ピュアプエラリア

For Health|健康

  • キッコーマン「基本のサプリ」
  • イソラコン
  • サントリーウエルネスオンライン
    「大豆イソフラボン+亜麻リグナン」

For Slim|ダイエット

  • ダイエットシェイク
  • イソラコン
  • サントリーウエルネスオンライン
    「大豆イソフラボン+亜麻リグナン」
画像
画像
画像