画像
牛乳と豆乳との栄養の違い

牛乳は動物性タンパク質でカルシウムが豊富ですので、牛乳を成長期の子供に飲ませれば、骨の成長が促され、良い効果が期待できます。
また強い骨を作る働きもありますので、骨粗鬆症を予防するために役に立ったり、また神経が緊張するを緩和させるので、
ストレスを解消させる働きがあります。
そして、体内では作ることのできない必須アミノ酸、8種類全てを含んでいます。

この牛乳は栄養価が高いだけあって、カロリーが豆乳より高いので、カロリーが気になる人は取りすぎには注意がいります。
しかし良質な動物性タンパク質とカルシウムの補給には、適した飲み物であり、健康を維持するうえでも欠かせない栄養素といえます。

一方の豆乳は、大豆から作られているので、タンパク質は植物性です。
大豆レシチンには血管の内側についているコレステロールを溶かして、体の外へと排出する役割があり、
また、コレステロールを減らす働きをするリノール酸が、たくさん含まれているので、高血圧や糖尿病などの生活習慣病の予防になる飲み物です。

さらに大豆サポニンには抗酸化作用があり、紫外線によるシミまたは、そばかすなどができるのを抑え、美肌に導く効果があります。
そしてこの豆乳は、ビタミンB群やビタミンE、カルシウムなどの微量栄養素も含んでおり、
特に鉄分は牛乳と比較すると、10倍以上も含まれているますので、特に貧血気味の人にはお勧めできます。

そして牛乳と比較すると、豆乳のメリットとしては第一に、カロリーが低いことがいえます。
またコレステロールや脂質も少ないので、成人病を予防することもできます。
特にダイエットしている場合には、牛乳と豆乳とでは豆乳の方が、牛乳よりも3分の2ほどのカロリーですのでお勧めです。

豆乳にバナナやヨーグルトなどをミックスすることによって、味が変わり豆乳が苦手な人でも苦もなく、豆乳ダイエットができます。
ただし豆乳に含まれるカルシウムは、牛乳と比較して約15%ほどしかないので、他にカルシウムのある煮干しなどからしっかり摂らなくてはいけません。

ダイエットをして骨がスカスカでは意味がありません。
ですから、一層のこと両方をバランスよく摂るのも、お互いを補いあっていいのではないでしょうか。

Category

For Bast up|バストアップ

  • ハイスピードプエラリア100
  • レディーズプエラリア99%
  • ピュアプエラリア

For Health|健康

  • キッコーマン「基本のサプリ」
  • イソラコン
  • サントリーウエルネスオンライン
    「大豆イソフラボン+亜麻リグナン」

For Slim|ダイエット

  • ダイエットシェイク
  • イソラコン
  • サントリーウエルネスオンライン
    「大豆イソフラボン+亜麻リグナン」
画像
画像
画像